7月18日付 ATPランキング

明日には最新のランキングが発表されるわけだけど、しばらく投稿していなかったので、とりあえず現在のランキングを確認しておこう。

1位 メドベージェフ(ロシア) 7775pt

2位 ズべレフ(ドイツ) 6850pt

3位 ナダル(スペイン) 6165pt

4位 チチパス(ギリシャ) 5045pt

5位 ルード(ノルウェー) 4890pt

6位 アルカラス(スペイン) 4845pt

7位 ジョコビッチ(セルビア) 4770pt

8位 ルブレフ(ロシア) 3540pt

9位 オジェ アリアシム(カナダ) 3445pt

10位 シンネル(イタリア) 3185pt

ジョコビッチが7位と大幅に下がってしまっている。やはりウィンブルドンでポイントがつかなかったのは大きいか。せっかく連覇して昨年のポイントを守ったのに、その2000ptが今大会ではつかなかった。まぁ、仮にそのポイントがあったとしても1位にはなれていないわけだけど。コロナワクチンを接種していない事が影響して今までと同じように大会に参加出来ず、稼げるはずのポイントが稼げていない。ワクチンを接種するつもりはないようなので、今シーズンはこのままこんな感じで進んでいくのだろう。

日本勢はというと、

97位 西岡良仁 575pt

102位 ダニエル太郎 536pt

158位 錦織圭 340pt

172位 内田海智 297pt

236位 綿貫陽介 218t

と、上位5名はこんな感じ。

西岡良仁とダニエル太郎は100位前後をキープしているが、錦織圭が158位とかなり下がってしまった。全米オープンでは予選からの出場になるようだ。怪我からの復帰が間近となり、大会へエントリーもしているが、エントリー後に削除される事もあり、どの大会で本当に復帰するのかは、実際に試合に出場するまで分からない感じだ。ただ、長年日本のエースとしてテニス界を引っ張ってきた錦織圭のプレーを早くみたい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。