3月21日付 ATPランキング

2週間ぶりにATPランキングが更新された。

BNPパリバオープンで上位進出出来なかったメドベージェフ(ロシア)が1位から2位へランクを落とし、2位だったジョコビッチが再び1位へと返り咲いた。ただ、ジョコビッチはこのあと開催されるマイアミオープンへの欠場も決定しているので、そこでのメドベージェフの結果では、再度1位が入れ替わる事になるだろう。

BNPパリバオープンで準優勝したナダル(スペイン)が4位から3位へ上げ、2回戦敗退となったズべレフ(ドイツ)が4位へとランクを落とした。それ以外に大きな変動はというと、何といってもフリッツ(アメリカ)だろう。BNPパリバオープンの優勝で7つランクを上げ13位となった。ベスト4に残ったアルカラス(スペイン)も3つランクを上げ自己ベストの16位となった。

すぐにATP1000のマイアミオープンが始まる。ポイントを稼ぐチャンスでもあるので、BNPパリバオープン同様、白熱した戦いを期待したい。

最新のトップ10は以下の通り。

1位 ジョコビッチ(セルビア) 8465pt

2位 メドベージェフ(ロシア) 8410pt

3位 ナダル(スペイン) 7115pt

4位 ズべレフ(ドイツ) 7025pt

5位 チチパス(ギリシャ) 6070pt

6位 ベレッティーニ(イタリア) 4955pt

7位 ルブレフ(ロシア) 4725pt

8位 ルード(ノルウェー) 3870pt

9位 オジェ アリアシム 3803pt

10位 フルカチュ(ポーランド) 3513pt

日本人のトップ5は以下の通り。

51位 錦織圭 1020pt

96位 西岡良仁 705pt

106位 ダニエル太郎 641pt

229位 杉田祐一 241pt

235位 内山靖崇 233pt

錦織圭は現在リハビリ中だが、西岡良仁とダニエル太郎はマイアミオープンの本戦入りをかけて予選に挑んでいる。世界ランク372位の望月慎太郎はワイルドカード(主催者推薦)で予選に出場している。3人とも予選決勝進出しているので、あと1つ勝てば本戦入りとなる。なんとか3人揃っての本戦入りを決めて欲しい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。